我孫子日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 人やさき犬やさき 阿川弘之 文藝春秋

<<   作成日時 : 2005/12/19 18:35   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

人やさき犬やさき 阿川弘之 文藝春秋 平成16年4月初版
「人やさき犬やさき」ってどんな意味だろう、と思って読み始めました。この本の一番最後の随筆で85歳になる著者が、10歳をすぎた飼い犬のゴールデン・リトリバーが夕方の散歩から翌朝までトイレを我慢できず居間でお漏らしをしてしまうので夜中の2時、3時に散歩にいく。犬も人も年をとり、お迎えがくるのが犬がさきか、人がさきかという意味で思いがけないタイトルでした。短い随筆でも日本語が美しく阿川先生の本をもっと読みたいと思いました。本の帯をみたら文藝春秋の巻頭をかざる名随筆となっていました。日本語の話。日本の国のあり方の話。ご家族、ご友人の話。こんなに美しくすっきり文章を書けたらいいなと思います。
人やさき 犬やさき
人やさき 犬やさき

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
人やさき犬やさき 阿川弘之 文藝春秋 我孫子日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる